■トピックス

  • ブロガー様へ アクセスお返しします!
  •  
  • 余命特集
  •  
  • メディアの捏造と報道しない自由
  •   
  • じゃあの特集
  •  
  • コミンテルン特集
  •  
  • 財務省特集
  • 【悲報】 TBS、「取扱厳重注意」の、政府の内部資料を公開www

    公開日: : 最終更新日:2014/08/23 メディアの捏造と報道しない自由

    【悲報】 TBS、「取扱厳重注意」の、政府の内部資料を公開www
    元記事
    http://crx7601.com/archives/33094217.html#more

    ※当ブログはリンクフリーです♪

    –記事を一部抜粋–

    ★集団的自衛権、複数の日程案示した政府の内部資料

    同盟国が攻撃を受けた場合、それを自分の国への攻撃とみなして、反撃できる権利のことを集団的自衛権と呼びますが、これは憲法の解釈で禁じられてきました。安倍首相は、憲法の解釈を見直すことで集団的自衛権の行使を認められるようにすべきとしていますが、私たちは、その実現に向けて複数の日程が示された政府の内部資料を入手しました。

    沖縄の東シナ海上空を警戒・監視する自衛隊の哨戒機P3C。哨戒機では、隊員がカメラや双眼鏡などを使って不審な船がいないか監視を続けています。

    去年の尖閣諸島の国有化以降、中国の公船が領海侵犯を繰り返す中、緊張を強いられる隊員たち。こうした自衛隊の活動のあり方を根幹から見直す可能性をもった議論が進もうとしています。

    17日、総理官邸では、集団的自衛権に関する有識者懇談会が7か月ぶりに開かれました。集団的自衛権とは、同盟国などが攻撃された場合、日本が直接攻撃を受けていなくても反撃できる権利です。憲法9条を持つ日本では、「権利を持ってはいるが行使はできない」という解釈を続けてきましたが、安倍総理は解釈の見直しに積極的な姿勢です。

    「現実とかけ離れた建て前論に終始し、そのしわ寄せを現場の自衛隊員に押しつけるようなことはあってはなりません」(安倍首相〔今月12日〕)

    例えば、公海上でアメリカの艦船が攻撃を受けた場合、自衛隊は反撃できませんが、集団的自衛権の行使が可能になれば一緒に軍事行動をとることができます。ただ、行使を認めると、自衛隊の海外派遣に歯止めがきかなくなるのではという懸念や、認めるなら堂々と憲法9条を変えるべきだという意見もあります。

    「(行使を認めると)9条はいわばセミの抜け殻みたいになってしまうわけですから、(9条を)改正する・しないという議論自体、無意味になってしまうわけですよね」(阪田雅裕・元内閣法制局長官)

    集団的自衛権の行使容認に向けて政府はどう進めるのでしょうか。「取扱厳重注意」と書かれた1枚の紙は、政府の内部資料です。そこには3通りの日程案が示され、最も早ければ、来月召集される臨時国会の会期中に解釈の見直しを表明するとされていますが・・・。

    「臨時国会では重要法案がめじろ押しだ。政権運営を考えて、菅官房長官は慎重になっている」(政府関係者)

    政府・与党内では解釈見直しの表明は年明け以降に「先送り」される、という見方が強くなっています。

    「安倍首相は年内にも表明したいという意欲を持っているが、現実的には来年の通常国会で表明し、関連する法律の改正などは来年秋の臨時国会以降だろう」(首相官邸関係者)

    安倍総理にとっては、第1次安倍内閣以来の悲願ともいえる「集団的自衛権の行使容認」ですが、今後の日程は絞り切れていないのが現状です。(17日17:27)

    TBS Newsi
    http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2014910.html

    –抜粋終了–
    忍者AdMax

    –コメントを一部抜粋–

    今や朝日より朝鮮汚染が深刻な毎日TBS

    憲法で禁じられてるっていうか解釈の問題になってるだろ

    スパイ活動ですね。
    同じことをアメリカでやれば、一生豚箱行きです。

    もちろんこれを中韓の同胞へリークさせときました

    スパイきたああああああああああ

    >入手
    それ犯罪じゃん

    スパイ防止法が必要だ

    秘密保全法案に反対しておいてこれなんだから、ほんと面白い連中だよw

    国家反逆罪と外患誘致と破防法とスパイ防止法
    豚にはいろいろと適用させた方がいいすよ日本政府さん

    TBSの報道はかなり異常な事が多い・・。
    本当にどうなってるのよ。

    文言で明確に禁じられていないことは違憲ではない

    こっそり誰から手に入れた?
    それとも誰かがわざと?

    > 政府の内部資料を入手しました。
    内部資料って公開されてる資料じゃないでしょ?
    これ犯罪にならないの?
    盗撮みたいなもんでしょ?

    いきなりTBSが嘘ついてるな。
    集団的自衛権は憲法で禁じられてないぞ??

    集団自衛権は結局解釈問題なのにね。嘘ついてまで、自分の主張をとおしたいのかね

    日本国憲法にそんな条文明記されてない
    ただの憲法解釈論だけ

    秘密保全法 必要だな

    > 集団的自衛権とは、同盟国などが攻撃された場合、日本が直接攻撃を受けていなくても反撃できる権利です。
    > 憲法9条を持つ日本では、「権利を持ってはいるが行使はできない」という解釈を続けてきましたが、
    どう解釈したらそうなるんだ?
    交戦権を放棄するんだろ?
    >>
    正解

    スパイ行為ですね。
    公開を許可されてもいない資料を勝手に公開するのは完全に違法行為です。
    また、反勢力への手助けでもあり、政府の邪魔をする妨害行為でもありますね。

    自分たちの国を自分たちの手で守れない憲法のほうがおかしいだろうが

    政府の内部資料とやらが簡単に手に入るのかよボケ

    やっぱりスパイ防止法は必要だな。
    どうせ入手ルートは秘密なんだろ?

    TBSが政府の内部資料を入手云々を言うと捏造か飛ばし記事かと思ってしまう

    その極秘の内部資料とやらを手に入れた方法は?
    そっちの方が知りたいわ

    TOPページへ

    ジャンル別一覧はこちら

    –抜粋終了–

    ヨイネ!クリックはこちら↓

    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ
    にほんブログ村
    ランキングはこちらをクリック!

    農林水産大臣賞受賞「山形のだし」シリーズ+「やわらか菜昆布」から3品選べるお試しセット【商...

    農林水産大臣賞受賞「山形のだし」シリーズ+「やわらか菜昆布」から3品選べるお試しセット【商…
    価格:1,280円(税込、送料込)




    ↓クリックお願いします!↓
    にほんブログ村 ニュースブログへ
    カテゴリ:メディアの捏造と報道しない自由
    タグ:

    関連記事

    no image

    【信濃毎日】保守速報に対し表現の自由を制限したくせに、『はだしのゲン』閲覧制限には批判

    【信濃毎日】「『はだしのゲン』閉架…被爆者を踏みにじるだけでなく、表現の自由や知る権利に関わる重大な

    記事を読む

    japantimes

    【反日ジャパンタイムズ】「慰安婦像を残すべし」 海外向けに報道

    「慰安婦像を残すべし」とするジャパンタイムズの記事 寄稿者は山縣美礼という舞踏家の動画を掲載h

    記事を読む

    no image

    マスコミの 3年前「尖閣ビデオ流出は許せない」 現在「(特秘法)知る権利を守れ!」 を検証

    【秘密保護法】新聞の社説――現在「知る権利を守れ!」 3年前「尖閣ビデオ流出は許せない!」元記事ht

    記事を読む

    no image

    【マスコミ】みのもんた、次男の逮捕にコメント「父親として申し訳ない気持ちでおります」

    【マスコミ】みのもんた、次男の逮捕にコメント「父親として申し訳ない気持ちでおります」元記事http:

    記事を読む

    no image

    記者クラブに、政党助成金に匹敵する巨額な血税110億円は必要か?

     #記者クラブ #税金記者クラブに、政党助成金に匹敵する巨額な血税110億円は必要か?元記

    記事を読む

    Message

    メールアドレスが公開されることはありません。

    次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

    ad PCトップ右&検索結果左

    • follow us in feedly

      Subscribe with livedoor Reader
    アクセスを頂いたブログ様にアクセス返し!
    PAGE TOP ↑